子連れでお出かけ

『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』に子供5人、大人2人で行ってみました。

北摂のファミリーが気になるスポット、

2019年3月23日にOPENした『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』

友達親子と行ってきました。

うちの3歳、5歳の娘達と、

友達と友達の子、3人(男の子0歳4ヶ月、女の子3歳、男の子5歳)で電車(JR)を利用して行ってきました。

話題のスポット、更に今回は夏休み中、お盆の真っ只中!混雑を覚悟で行ってきましたが、

子供達はとっても楽しんでいました!

『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』へのお出かけをお考えの方に参考にしていただければと思います。

JR高槻駅周辺

今回はJR高槻駅まで電車で行き高槻駅から徒歩で現地へ向かいました。

うちの子供達は行き帰り徒歩でしたが、友達はベビーカー&抱っこ紐で来ていました。

JR高槻駅前の建物はエレベーターが色んなところにあったので、

ベビーカーでもスムーズ移動することができました☆

駅前はショッピングモールや商店街もあり、飲食店も豊富なのでかなり便利です。

『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』はJR高槻駅から徒歩14分。(阪急高槻市駅からは徒歩10分)

バスで行くこともできるみたいですが、徒歩で行ってきました。

お友達と一緒に蝉を探しながら、楽しく歩いていくことができました。

google mapで検索して行きましたが、JRの線路沿いをまっすぐ行けば安満遺跡公園にたどり着くので道もわかりやすかったです。

 

食事

SUNDAY’S BAKE 569(サンデーズベイク)というpizza&cafeのお店がありましたが、お盆&ランチタイムで長蛇の列。キッチンカーは営業してませんでした。

あきらめて、

安満遺跡公園から徒歩3分くらいのところにある、セブンイレブンでおにぎりを買って、

公園内で皆んなで食べてから『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』に挑みました!

公園内には、ベンチが沢山あったので、座るところには困りませんでした!

トイレ

綺麗なトイレが公園に1箇所、

ボーネルンド パークセンター内に1箇所、

パークセンター内のボーネルンド プレイヴィルに1箇所、

の計3箇所ありましたのでお盆でかなり混雑していましたが、

子供達も並ばずにトイレを利用することができました!

 

夏休み期間中は「3部入れ替え制」

8/1〜9/1までの期間は混雑の緩和のために「3部入れ替え制」になっていました。

1部 10:00〜12:30
2部 13:00〜15:30
3部 16:00〜19:00

今回は2部の13:00〜15:30を目的に行きました。

料金は各回、親子1,200円 子供追加800円 大人追加400円。

各回定員に達し次第販売終了でした。

私たちがボーネルンド プレイヴィルに到着したのは、

2部が始まる30分前の12:30頃でしたが、

販売終了しておらず、2部のチケットを皆んなで購入することができました!

ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園

からだ遊びゾーン

 

まずは定番の室内遊具ではしゃいでました。

定員が決まっているとは行ってもなかなかの混雑具合で子供達がぶつかったりしないか少々心配でしたが、みんな上手に遊んでいました。

5歳の子達は少々目を話してもうまく遊べそうですが、

3歳組はまだまだ心配だったので友達ママと協力して3歳組をメインに目で追っていました。

子供が多いので、室内遊具ではママが子供を目で追うのに疲れました。

子供達は大はしゃぎでした!

アトリエゾーン

 

5歳組はこちらの「ちょうちょの色合わせゲーム」にハマって、二人で黙々と遊んでいました。

サイコロを転がし、色んな色や柄の透明のカードを重ねて色んなちょうちょを作れるゲームでした。

絵の具遊び

お絵かき

粘土遊び

おままごとも。

飽きることなく遊び続けていました。

他にもアトリエゾーンには絵本や色んな知育玩具がありました。

屋外エリア

屋外エリアでは水が流れる遊具で泥んこ遊びをしました。

泥遊び用に長靴の貸し出しもありました。

着替えも持って行ってたら思いっきり遊べます!

他にもブランコや滑り台などの体を動かす遊具もあって、

屋外でも思いっきり遊んでましたー。

 

ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園まとめ

『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』には、

もちろん「授乳スペース」や「赤ちゃんコーナー」もありました。

友達の連れてた赤ちゃんはまだ4ヶ月でハイハイも寝返りもできなかったので今回は抱っこ紐で過ごすか寝転んで過ごしていました。

今回『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』に行った感想ですが、

お盆のど真ん中の混雑緩和で3部制になっていて、1日遊ぶことはできませんでしたが、

なかなかの混雑具合で、ママは子供を目で追ったり探したりする事にかなりエネルギーを使うので、

この混み具合なら、滞在時間は2時間半で十分だね!

という意見でまとまりました。

子供達は時間が経つのがあっという間だったみたいで

「もっと遊びたかったー」と言ってましたが、

15:30にボーネルンド プレイヴィルを出て、

お茶休憩とトイレを済まして、

子供の足でぼちぼちJR高槻駅に向かうエネルギーも考えれば、遊ぶ時間は2時間半で十分。

JR高槻駅に着く頃には16:30くらいでしたし、

子供達が「お腹へったー」と口々に言っていたので、

高槻駅逆側の出口の北口の近くにあるロッテリアでみんなで晩御飯。

私と友達ママもヘトヘトで休憩。

ロッテリアでゆっくりしていたら夕方の18時近くになり、電車に乗って帰りました。

お盆の混雑や、3部制で1日遊べないこともあって、

『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』に行くか迷いましたが、

せっかくお友達と遊ぶ約束をしていたし、

小さい赤ちゃんも一緒だったので、長時間過ごせる場所も限られてたので思い切って行ってきました。

結果は行ってよかったです。

何よりも子供達が本当に楽しんでいましたし、友達ママも満足していたみたいだし、混雑してても空調がよく効いてたので赤ちゃんも快適に過ごすことができたと思うからです。

小さい赤ちゃんを連れていると、夏場はプールにも行きにくいし、長時間猛暑の中外で過ごすのも心配だし、授乳やおむつ換えもあるので、

みんなが楽しくなるべく快適に過ごすには『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』はぴったりの場所だったと思います。

また夏休みが終わって、一日ゆっくり遊べる平日にリベンジしてみたい場所でした。

『ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園』へのお出かけを検討されてる方はこの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

ちはるんでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。