子育て

離婚を真剣に考えて、今まで見えなかったものが見えてきた。

主人と完全に会話するのが嫌になって真剣に離婚を考えて色々調べてみた。

まず収入の少ない主婦は経済的に立場が弱い。

女が経済力を持つことがいかに重要か、改めて考えさせられた。

しかし経済力のある女は簡単に離婚してしまうのか、

と考えたけど、

結婚生活で守られているのは経済面だけではない。

主人が子供に暴力を振るうことはまずない。

それは子供にとって安全な場所が確保できているということになる。

離婚して、私と娘達だけで暮らすとなるとそれは自由かもしれないけど、

世の中には女性を大切にしない男性や虐待をする男性もいる。

と思うと、経済的理由で迂闊に再婚しようなんて思えないし、

自分と娘達という女だけの生活に踏み切る勇気もない。

実家に住むとか、経済的余裕があってセキュリティー万全の環境で生活できるなら話は別だけどそれもできそうにない。

主人が居るというだけで平穏な生活を守ってくれているのだと思えた。

経済的理由で再婚を急ぐのもやはり子供のためにも慎重になった方が良いとおもう。

いずれは思春期を迎える子供(特にうちは娘)と血の繋がらない異性と一緒に生活させる気にはなれない。

お風呂やトイレ、などを血の繋がらない異性と共に生活させようなんてやっぱり思えない。

お風呂に一緒に入らないとしてもやっぱり色々嫌だと思う。

私なら嫌だ。

でも経済的事情で心の何処かにしこりを残して再婚する話は多いらしい。

稼げない子持ちの女がいかに弱い立場であるか、

そして女が経済力を持つことの重要性を改めて感じさせられた。

今まで主人に対していろんな不満を抱えていたし、

積もり積もっていると思っていたけ。

それが決して消え去ったわけではないけど、

主人の存在の大きさや、今の生活の安心や安全を離婚を真剣に考えてみて、

改めて思い知らされた。

主人に感謝、とまではいかないけど。

やっぱり家庭の力ってあると思う。

しかしまだ問題も色々ある。

焦ったり、答えを急いでいい問題だとは思えない。

だから真剣に急がずに時間をかけて考えて、

子供達をこれからも守っていける生活をちょんと続けていくのが私(母)の重要な役割だと思っている。

こんな自分が最近真面目すぎて嫌になる。

もっと緩く生きてもいいのかなって、頭によぎるけど、

今は妥協できない。

子供の人生がかかっているから、

子供の人生を真剣に守るのは私だけだから、

もう少し粘って検討してみようと思う。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。